忍者ブログ
専業主婦の為のカードローン講座です。
12  * 01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   *  02
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カードローンであちこちから借金をしてしまい返済額が大きくなりすぎてしまった、
あるいは返済の途中でリストラに遭うなどして収入がなくなってしまった、
このような理由で返済不能に陥ってしまうことも珍しくはありません。

今のままの状態ではもうどうすることもできない時、 いくつかの手段が考えられます。
まずは、多重債務の方の場合利息をカットすれば何とか払えそうなとき
おまとめローンで一箇所にまとめてしまいましょう。

そうすれば複数のカードローンの利息が一箇所の利息を支払うだけで済みます。
できるだけ金利の安いところを探してそこで借り換えをするのです。

ここで無事にカードローンの返済を続けていければいいのですが、 おまとめローンの審査に通らない場合もあります。
そうなると任意整理か自己破産しかないでしょう。

この二つは債務整理という法律上の手続きで これを実行するとブラックリストに載り 数年間はローンが組めなくなります。
こうなると厄介なのでできるだけおまとめローンで対処しましょう。

おまとめローンに対応していて来店不要でキャッシング可能な会社はたくさんあります。
PR
キャッシングの返済方法は、多岐に渡っています。具体的に返済する方法だけでも、予め指定していた銀行口座から引き落としされる方法や各地にあるATMで指定の期日までに振り込む方法まで、カードローン会社によって様々です。クレジッド会社では口座引き落としが一般的と云えると思います。

返済額の決め方も多岐に渡っています。カードローン会社で複数の返済方法を選択できる会社もありますが、通常は会社毎に決まっています。リボ払いは、今や主流と云えますが、元利定額方式の一つです。元金定額方式もあります。毎月の返済金額を一定の金額にして、元金の返済と利息の返済は、その額の中で変化するのが元利定額方式で、元金返済額が一定でその利子を加えて返済するのが、元金定額方式です。多くの種類はありますが、キャッシングの返済方法としては、一般的には元利定額方式が採用されて、しかも残高スライドとして、返済が進むにつれて、元利定額である毎月の返済額が階段状に少なくなってく返済方法が採用されています。これは利用者が、キャッシングを返済するのに一番支払いやすい返済方法で、かつ業者にとっても利息が取りやすい方法であるからです。
カードローンを申し込むと、審査の際に在籍確認が行われるケースが一般的です。
勤務先などに電話連絡をして、申し込み者本人が申し込み書に記載したとおりの勤務実態があるかを確認する作業になります。
きちんと申請どおりに勤務しているという確認が取れれば、返済能力ありと判断される可能性が高まります。
その方法は金融機関によって細かな違いはあるものの、一般的には個人名を名乗って電話をかける場合が多くなっています。
もし仮に本人が不在でも「○○は席を外しております」という応対があれば在籍確認が取れた、と見なすこともあります。
自分自身で連絡を受けたい場合は、確実に電話を受けられる時間帯を事前にカードローン会社に伝えておくとスムーズです。

また専業主婦の場合は在籍確認は自宅に連絡があります。
夫の会社へ連絡があると思っている方も多いのですがそんなことはありません。
また申込書にはくれぐれも記載間違いのないよう十分な注意が必要になります。
もし記入した勤務先の電話番号につながらない、在籍確認も取れないとなると、申込みが無効になる可能性もあります。
さらに正社員なのかアルバイトなのかといった雇用形態についても、事実と異なる内容を記載しないようにしましょう。
記載内容に虚偽があれば、後の審査の段階で必ず判明します。
大きく信用を失うことにつながりますので、正確な内容で申し込みを行うことが重要です。
また自宅に確認電話が入る場合もありますが、不安な点があれば事前に相談窓口に確認を取りましょう。
専業主婦の方で家族に知られたくない、などの希望を伝えればしっかりと対応してくれます。
スタッフやオペレーターが全て女性というレディースローンもあり、主婦の方でも気軽に相談・利用しやすくなっています。
消費者金融会社はインターネットで調べればたくさんの業者のホームページを見つけることが出来ます。
また、数多いキャッシング業者のサービス内容について比較して紹介している情報サイトもあります。
このような情報サイトでは、消費者金融会社の金利や借入限度額を比較して紹介しており、より金利が安い業者を見つけて利用することが出来ます。
また、消費者金融会社によっては、一定期間無利息でキャッシングができるサービスを行っている会社もあります。
無利息サービスは初回1カ月間無利息であったり、初回に限らず何度でも借り入れから一週間無利息となるサービスなどいろいろな種類があるので、旨く組み合わせて利用することで、金利の支払を抑えることが出来るでしょう。
借り換えでキャッシングの一本化をして支払の負担を減すこともできます。
家庭の事情により複数のカード会社からキャッシングをしていました。
利息もかかるし、毎月の支払額も多くて大変でしたが先日、一番金利の安い会社でまとめて借り換えをして負債を一本化しました。
借入金額は同じですが一社にまとめたことで支払額がぐっと減りとても楽になりました。
利息も多少ですが安くなりその分、余分に返済ができたりして借り換えをしてよかったと思います。
まだまだ借入額は多いですがなんとか今年中に全てを完済したいと家族で節約生活に励んでいます。
節約と思わず、工夫と思えば毎日の生活も楽しいです。
全て完済したら、今度はその分貯蓄を増やしていきたいです。
専業主婦でも一社ごとの借入額が30万円以下であれば複数の会社から借りることが出来ます。
現在では、殆どのコンビニエンスストアATMで24時間利用出来ることから、休日や夜間には欠かせない金融サービスとなっています。
急にお金が必要になったときに安心ですね。
但し、誰もが気になるのが、金利です。
コンビニで銀行キャッシュカードを利用すれば、高くても210円から105円の手数料又は無料で済みますが、キャッシングの場合、そうはいきません。
金利を安くしたい人には、繰り上げ返済がお勧めです。
専業主婦でも繰上げ返済が使えますよ。
気になる専業主婦でも借りれるカードローンについてはこちらで書いています。 現在では、借り入れしたコンビニATMで同様の操作で簡単に返済出来ますし、金利は日割りで付加される事を考えたら、賢い利用方法です。
     
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 専業主婦の為のカードローン講座 All Rights Reserved